越智大貴 / オチセン

記事一覧(212)

「学びのボランティア」のススメ

2019年4年17日新高校生が誕生して、約10日が経ちました。ご入学おめでとうございます!ところで、最近の高校生は、2020年の大学入試制度改革に先立って、ボランティア等の学校外での活動が推奨されているようです。ボランティアが、こども達の評価に加わることについてはいろいろと意見があると思いますが、日ごろ社会活動に携わっていると、ボランティアを「学び」として捉えるか、それとも「単なる体験」として捉えるかによって、評価を変えるべきなのではないかと考えています。そもそもボランティアとは、単なる無報酬の奉仕活動という意味ではなく、自己の自発的・主体的な意思によって社会問題の解決や必要とされている活動を理解・共感し、勤労とは別に労働力、技術、知識を提供すること。(出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」)という意味があります。こういった経験は、学校教育の中で提供することは難しく、文部科学省が今後の大学入試者選抜について評価を重視する『学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)」)』を育むためにも、学校外でのボランティア活動は有効的だと考えています。しかし、そうした力をボランティアを通して育むためには、「学び」とセットである必要があります。学校の授業が「予習」と「復習」を評価するように、ボランティアでの学びも「準備」と「振り返り」の中から学ぶことはたくさんあります。学校教育がボランティアを「教育」として評価するのであれば、「学びとして」準備や振り返り、継続性のある社会活動やボランティアと、「体験として」イベント当日のみ参加をし、それっきりで終わってしまう社会活動やボランティアについては、評価を分けるべきです。また、「効果や利益のみを考えた関わり方」や「義務的な関わり方」は、本来のボランティアの価値を歪めることにつながりかねません。「内申点が上がるから」「学校が行けというから」という動機でのボランティアは、「外面的な評価」にしかすぎず、本来習得すべき「ボランティアの価値」には見合わない可能性があります。個人的には、最初のボランティアはある程度の強制力があってもいいのではと考えています。しかし同時に、継続的にボランティアに参加できたり、そういったサポートを続けていく中で、高校生たちにより多い学びを提供するためにはどうすればいいかを、社会全体でもう少し考えていく必要があるのかなと思います。

NEXT CONEXIONでの学びの定期振り返り講座で感じたこと

2019年4月6日これまでの溜まった資料を整理していると、この活動を最初にした時に取材をしていただいた動画を発見し、とても懐かしく久しぶりに見ました。自分のセリフが、今と全く同じことを言ってて、『初心忘るべからず』どころか、初心と変わらなさ過ぎて少し心配になりましたが、いい意味で全くぶれてないのが、この活動を続けれている理由の1つだと思います。今日の中高生のミーティングでは、「これからの社会を生きる私たちに必要な能力」についてワークショップをしました。『思考考察力』『判断力』『表現力』など、個人的にもとても大事にしている力から、『共存力』『周辺視力』『人脈力』『楽しむ力』など、おっと思わせてくれることまで自分たちで考えていて、とても頼もしく思いました。こういった力を育むには、学校教育や学校教育課程にのみ依存するのではなく、学校外での取り組みや学校とのコラボした教育が大きな力を発揮します。近年、「体罰」や「いじめ」「不登校」など、学校教育への風当たりを強く感じることもありますが、個人的には「公教育」の根幹を担う学校こそが、より多様な価値観に触れたり、よのなかと自分の関係を考える重要な役割を担っていると考えています。シビックスクールなどの『学校外での学びの場』や学校や行政とコラボした『学校外での取り組みと学校をつなぐ役割』を、今年度から個人的に、またNEXT CONEXIONを通して行っていこうと思います。来週から、シビックスクール「政治教育編」をやります。ぜひ、ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

選挙啓発講座で心がけていること

2019年4月2日昨年度、初めての18歳知事選挙を前に、愛媛県教育委員会と一緒に「愛媛県内のすべての高校を啓発して巡回する」という講座を実施しました。残念ながら、愛媛県知事選挙(11月18日実施)における愛媛県全体の投票率は39.05%と過去最低を更新しました。その中で、18歳の投票率は37.81%。これを「高等学校第3学年相当の学生・生徒を多く含む平成12年4月2日~11月19日生まれの者」に限定すると、47.93%でした。これは、世代別投票率の中で、70歳代に次ぐ高さでした。改めて、高校生代においての選挙の啓発講座の意義と効果を実感することができました。個人的には「選挙に行こう!」という啓発は極力しないようにしています。というのも、シティズンシップ教育や主権者教育は、「こどもをオトナにする学び」という立場に立っており、「選挙に行くための学び」という立場には立っていないからです。しかし、選挙は「リアルなこれからの社会を考える」大事な機会の1つです。なので、高校生に講座をする際は、選挙に参加することで社会を考えるきっかけになるようなアプローチを心がけています。なので、県知事選挙でたくさんの高校生が選挙に参加してくれ、とてもよかったと思います。選挙でより学びを深めるためには、選挙に行く前よりも、むしろ終わった後を大事にするべきです。選挙は、とりあえず自分が正解だと思った人に票を入れたにすぎません。選挙が終わった後、その人が実際に何をしているか、その結果社会がどうなったのか、自分なりに答え合わせをすることが、自分を市民・主権者としての能力を高めることにつながります。そしてそういったことは、結果的に政治家を育てることにもつながります。愛媛では今週末に愛媛県知事選挙があります。また、7月には参議院議員通常選挙があります。選挙を機会に、自分達の未来を少し、のぞいてみませんか?

共に活動をする中高生への感謝と、新しい時代への想い

2019年4月1日2011年にスタートさせたこの「よのなかの仕組みを楽しく学び合う活動」も、今年度で9年目に突入します。9年前の自分は、9年後の自分について「当たり前のように学校教員として勤務し、社会科の授業を担当している」ということしか考えていなかったので、今、こういった形で社会(よのなか)を学び合う教育をしていることを不思議に感じたりもします。9年前同様、今も同じ公文式の教室でスタッフをしていることもあり、こども達の顔ぶれが大きく変わりました。お世話になり始めたころ仲良かった子達は、今年度から大学生になります。そんな周りの環境と比べると、自分は全く変わらないなと思っていましたが、この9年を改めて振り返ると、それどころじゃない、全く違う自分がここにいることに気づきました。そもそも、この活動を始めたころ、「社会のリアルを学ばせたい」といっても、「こいつ何言ってんだ」程度の対応しかされませんでした。「面倒なことはするな」「言いたいことはわかるけど、実現には時間がかかる」「やって何になるんだ」「表現力や思考力が受験にどんな関係があるの?」その他にも嫌味や理解のない声もたくさん聞いてきました。それが、2016年から18歳選挙が始まり、2020年には大学入試改革が、2022年からは18歳成人がスタートすることが相次いで決まり、社会の中で改めてこの教育の価値が見直される時代になってきたのを実感するにつれ、途中で心を折らず、ずっと継続して取り組んできてよかったなと思っています。この9年間、たくさんの人にお世話になりました。大学の時に『暗黒時代』だった自分に、公共哲学という新しい選択肢を与えてくれた恩師は、昨年この世を去りました。教員時代に悩んでいた自分に、NPOという新しい道を示してくれた恩師は、この夏新たなチャレンジをするために別の道へ歩を進めました。これまでの自分の活動の羅針盤を一気に失い、特に昨年末は不安を感じることもありましたが、それはただの杞憂でした。共に「よのなかの仕組みを楽しく学び合い、市民性や主権者意識を育む学び」の効果を信じ、自分と同じ目線でチャレンジを続け、また背中を押してくれる中高生が、今の自分にとってはとても大きな存在です。僕が感じているのと同じような「嫌味」や「無理解」に対する声に、もしかしたら共に活動をする中高生も直面しているかもしれません。しかし、「社会の手の届かないところの課題に取り組む」という意味で、社会活動は常にマイノリティだと考えています。日本では、平成が始まる4年前に『女子差別撤廃条約』を日本が批准し、平成の時代を通して、社会における女性の権利の向上が図られてきました。今日新たな元号が「令和」になることが決まりましたが、その4年前に「公職選挙法」が改正され、選挙権が18歳になったことを考えると、新たな元号と時代の中で、こども達が自分と社会を肯定的に捉え、答えのない社会に自ら参加し、考え、行動できる社会になる時代を作っていくことが、新たな時代の課題の1つなのではと思っています。まだまだ、こどもの意見表明権等については課題が多いですが、これからもこの活動を継続しながら、少しでも解決に寄与していければ!というわけで、仕事始めの最初の日に、改めて、最高の仲間に感謝を。