civic PROJECT

civic PROJECTは、小学生からの主権者(シティズンシップ)教育 - こども達の「選択力」「行動力」を養う教育プログラムです。

学校で習う「社会科の授業」を、ごく身近な話題から深めていきます。

テーマは、「社会とは何か」「社会で生きる(人やまちのためになる)とはどういうことか」

このプロジェクトは、社会の仕組みを楽しく学びあいながら、生きる力(知恵や感覚)や社会における選択力や行動力を養い、

主権者意識(シティズンシップ)を育むプロジェクトです!


civic PROJECT 学びの形は「レゴブロック式」

21世紀社会に求められるのは、自ら情報を獲得し、自分なりの答えを出す「情報編集力」。社会で求められ、勉強で最も大事なことは、自分で考え、選択し、それを伝える力です。

本プロジェクトで取り組む主権者教育(シティズンシップ教育)では、小学生から社会人まで幅広い層を対象に、よのなか(社会)の仕組みを楽しく学びあうことで、よのなか(社会)へ参画する意識を育みます。

決まった型にピースを当てはめる今までの「ジグソー式教育」ではなく、ピースを集め、自分なりの形を作っていくレゴブロック式の学びが、21世紀社会に生きる人間の育成をめざすcivic PROJECTの学びの形なのです。


教材は、“実際の社会”。先生は、“みんな”。学びの“入り口”に立つ「教育プログラム」

civic PROJECTでは、地域のエネルギー(ヒト・モノ・ジョウホウ等)を効果的に取り込み利用します。教科書を使った受身の授業とは異なり、自分の身近な視点から世の中の仕組みを学びます。テーマは 大人でも簡単に答えを出せない高度なものを扱います。

このプロジェクトでは、こども達に勉強をさせることに目的を置いていません。こども達が「学びたい」というきっかけ作りを目的にしています。こども達に、このプロジェクトで過ごした時間はどうだったのか、話しかけてみてください。こども達が話をする中で学んだことを整理・理解することで、毎日勉強する価値を見つけることにつながります。


楽しさと学習効果を倍増させる「体験プログラム」
自分たちの可能性を探求できるよう、こども達のチャレンジを全力でサポートするプログラムです。

civic PROJECTでは、単なる座学で終わるものではありません。ACTIONをおこすことで、より楽しく、より学習効果のある小中高生の取り組みをサポートしています。

数年たてば、こども達は自分で選択し、決定をしなければいけません。学生の間は許される失敗が、[よのなか]に出ると許されないケースはたくさん。civic PROJECTでは、こども達の決定を尊重し、失敗を認める環境の中で、こども達の自立を促していきます。

ご質問やご不明な点についてはいつでも、お問い合わせいただければと思います。